どこまで小さくできるか、の追求。

原料を選ぶ際に追求したのが「吸収率の高さ」と「極力つなぎ成分が入っていない」こと。原価は高くなりますが、それでも粒のサイズを小さく、摂取粒数を少なくすることにこだわりました。毎日体に入れるものだからこそ、できるだけミニマルに。

*人用の標準カプセルの中で最小サイズ

カプセルの素材にまで、こだわる

HPMCという植物繊維由来のカプセルを採用。ノンカロリーであること、湿気や水分の影響を受けにくく割れにくいことが特徴です。鉄とビタミンB群は湿気に強くないため、汎用品で比較的安価のゼラチンカプセルではなく、HPMCにこだわりました。

 

Made in Japan & 世界基準の品質・製造管理

世界各国から厳選した原料 (全て日本の厚生労働省の定める規格基準をクリア) を使い、日本の静岡県にある 三協 日の出工場で製造しています。
三協 日の出工場はGMP認定とISO22000認証を取得しており、

- GMP認証:Good Manufacturing Practice の略。認証機関が定めた品質と製造管理の基準を遵守できている企業だけが取得できる。
- ISO22000:食品安全管理に関する国際基準の一つ。