arrow-left icon arrow-right icon behance icon cart icon chevron-left icon chevron-right icon comment icon cross-circle icon cross icon expand-less-solid icon expand-less icon expand-more-solid icon expand-more icon facebook icon flickr icon google-plus icon googleplus icon instagram icon kickstarter icon link icon mail icon menu icon minus icon myspace icon payment-amazon_payments icon payment-american_express icon ApplePay payment-cirrus icon payment-diners_club icon payment-discover icon payment-google icon payment-interac icon payment-jcb icon payment-maestro icon payment-master icon payment-paypal icon payment-shopifypay payment-stripe icon payment-visa icon pinterest-circle icon pinterest icon play-circle-fill icon play-circle-outline icon plus-circle icon plus icon rss icon search icon tumblr icon twitter icon vimeo icon vine icon youtube icon

継続の根拠

「医薬品としての鉄剤の治験報告」によると、医薬品の鉄剤を投与したとしても血液状態は短期間で変化するものではなく、ヘモグロビン濃度やフェリチン値といった血液検査項目において変化(改善)レベルを観察するためには、最低でも2〜3ヶ月程度が必要とされています。
貧血判定の指標としては①ヘモグロビン ②貯蔵鉄(フェリチン)の2種類が用いられ、「鉄欠乏性貧血(貯蔵鉄・血清鉄・赤血球の不足)」や「潜在性鉄欠乏(貯蔵鉄の不足またはさらに血清鉄の不足が重複した状態)」が、鉄の欠乏レベルにより存在します。貯蔵鉄・血清鉄・赤血球を充足させるためには、長期的な視点での段階的な改善が必要となります。

ーーー
1~2週間:網赤血球が増える(血が盛んに造られていることをあらわす)
3~4週間:ヘモグロビンの増加
2~4ヶ月:ヘモグロビンが正常化
6ヶ月:フェリチンが正常化する
ーーー

段階的な改善のためには、
「1日に必要な栄養摂取量を充足させること」
「毎月月経による一定量の出血量(=損失量)を補うこと」
の2つが欠かせません。
よって、一般的には普段の食生活のレベルアップ(毎食鉄分やその他の必要な栄養素を意識して摂る)と、Revolなどのサプリメントでの継続した補給が、閉経まで必要とされます。
Revolは鉄分の過剰摂取を防ぐ観点からも日本女性が日常的に不足している分を配合しており、血力が高めの方の予防には1日1粒を、血力が低めの方の底上げのためにはそれより多くの摂取をお勧めします(「血力テスト」で確認しましょう)。

<補足情報>
日本人の食事摂取基準において、その性/年代に属する人のほとんどが(97〜98%)1日の必要量を満たせるとされる「推奨量」を基準としても、網羅することが難しく(ラブテリ調査 / 女性の実態データより)、93%程度の月経継続中の女性は最低でもRevol1粒/日 が必要です。
また、体内の栄養素は、日々の運動量・環境や疲労・ストレス・風邪などのあらゆるケースで、消耗が進むため、必要量が増加すると考えられます。
さらにこれとは別に、月経における出血量により推奨量は1.5倍ほどに増加。

監修 by 一般社団法人Luvtelli (ラブテリ)

 

商品を見る

トップページへ戻る

カート